ホーム > 社会活動 > しっかりとした投資方法

しっかりとした投資方法

外為初めての方が市場の勘所を押さえるには、まず初めに学習を積み重ねることが大切である。

 

特に、未然に危険性を嗅ぎとるようになるには、ミスを積み重ねることも大切です。

 

ミスをするといっても決定的な失敗をしてはいけない。

 

小さいケアレスミスを積み重ねることが、最後に己の経験値を高めてくれるはずです。

 

れを考えると、まず初めは少額で投資して、これによって何回か小さな負けを経験することが必要です。

 

一例として、100万円しか投資できない状況で、深く考えずに100万円を一銭も残さないで投じてトレードするとマイナスになった時今後立ち上がれなくなってしまう恐れがあります。

 

それよりは、たとえば資金の10分の1ずつ分けて注文して、それによって売買を積み重ねた方が、所徐にマイナスを対応する技術なども身についていくはずです。

 

まず最初にわずかなお金で売買する事の良いところは、先に書いたように体験を増やし損を減らす方法を身につけることにあるが、それと一緒に、注文の回数を重ねる事で危険を少なくできるというメリットもあります。

 

仮定として、1回あたりの売買で勝率が二分の一だと考えます。

 

すなわち、同じく50%の確率で損が生じる危険性もあるということになります。

 

勝率5割ということは。

 

二分の一の可能性で利益が上げられる事を表現しています。

 

ですが、全ての投資資金を使って1回だけのトレードをするということは勝つか、負けるかの片方になってしまいます。

 

これではただの賭けと同じです。

 

それは全ての投資資金を投入して1回のみしかトレードしないとこれだけではマイナスになるリスクが高くなります。

 

だからこそ、資金を1度にすべて投入するのではなくいくつかに分けて、投資機会を重ねる事がリスク回避となります。

 

ただ何度かに分けたとしても全てのトレードで勝つ必要はない。

 

というか、勝利できないのが実際のところです。

 

勝負で不可欠なのは、いかに儲けるかです。

 

勝率が2分の1でも、例えば3割でも儲ける事は出来ます。

 

負ける確率が高くてもその損益が少しであれば3割の勝ちの儲けの大きさで相当稼げます。

 

そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを心がけることだ。

 

損益が出たらすぐに損失を確定してそれとは反対に利益を上げられる場合には可能な限り大きく儲けることが、外為ビギナーが外為取引で成功する方法です。

 


関連記事

  1. 金の切れ目が縁の切れ目?

    ある友達、三人の話をします。 一人の友達は、私にお金を借してとお願いして来ました...

  2. しっかりとした投資方法

    外為初めての方が市場の勘所を押さえるには、まず初めに学習を積み重ねることが大切で...

  3. テスト

    テスト記事です。...